2011年06月15日

おひさま5

  先日2人のご婦人と「おひさま」について、はなしました。

 お一人は、94歳で、お歳なりに弱りはありますが、家事全般ご自分でこなされ、97歳になって足腰が弱られた連れ合いを援けながら生活しています。
 子供のように可愛がっていた室内犬がいなくなって、夫はがくんとよわったといいます。

 お二人は戦中、今でいう中国東北部〈当時の満州)に移住し、寒さと飢えだけでなく敗戦前の生死を分かつ苦労を重ねた話を、まるでつい先ほどのことのように話してくれました。

 このご婦人の「おひさま」評は、まるで絵空事のよう、の一言でした。

 
 いまひとりのご婦人は73歳、子ども時代を戦争で過ごしています。

 その人は、「お日様」が扱っている時代が戦中ということで、見ないことにして一るとのことです。

 理由は、もうあのような時代を思い出したくないから、といいます。

 今朝の新聞〈日経)をみていると、「子どもの情景――戦争とこどもたち」展の記事があって、この展をみてこのたびの福島電発事故と戦中の子供について考えさせられる、というようなことがあって、納得したりしています。

 ふと浮かんだのですが、フクシマが「安全神話」なら、戦中は「神国ニッポン」。なんか似たような・・・・・。

  長くなりそうなので、続きはまた今度。


posted by スタッフ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。