2012年01月30日

北欧の旅 5

 

 
 今回の旅のテーマが、「税と社会保障の一体改革」について社会保障の先進国から学ぶということでありました。スウェデンでは政権交代によって、競争原理の新自由主義が入ってきてそれが社会保障政策の後退を招いていることが、現場からの声として発せられました。

 デンマークではより具体的に私たちにかかわって、押し寄せてまいりました。どういうことかといいますと、地方都市の高齢者施設の見学に行ったのですが、そこでは施設の見学に食事と会議室の利用がセットで請求されたのでした。食事と会議室の利用は当初別のところを予定していたところ、食事は施設見学とセットでお願いしたいとの事になったという。

 高い消費税は社会保障のためと聞いていたことでありましたが、この一民間施設の実情ではありますが、現地のコーディネータともどもあきれ返ったものです。そういえば社会保障の充実のためといって導入された消費税が、社会保障に回されずに富裕層の減税の穴埋めになっていること。にもかかわらず更なる引き上げが画策されています、しかもその理由がまたも社会保障のためという。

 
  こんな話はあとで聞かされたことなので、施設の職員の友好的な態度に感心したものです。多分こんなことは一般の職員さんは知らないことでしょう。
 

 施設見学に先立って、オランダからの移民が開発したという街区を訪ねました。そこは海辺に面し海面には風力発電が並び、まちはいかにも西欧風の民家が立ち並ぶ風致地区になっています。ところどころデンマークの旗が立っていたりするのですが、その家は写真撮影とかが許可なくできるということです。少し前までは萱葺き屋根もあったと言っていましたが、私たちは見ることができませんでした。それにしてもヨーロッパにも萱葺きがあったとは。
 


posted by スタッフ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。