2011年12月19日

映画「木漏れ日の家で」

  見るかどうしようか、さんざ迷った結果、時間をひねり出してみることになりました。

 何故迷ったかというと、主演のダヌタ・シャフラルスカのおんとし91(撮影時)という年齢に、少々不安をもったからです。

 朽ち果てた屋敷にひとり暮らす老婆――そうこの「老婆」そのままの風情で、他を威圧する。

 こういえば、老優が老人を演じる、いわば役者以前のことであるかのように思われるかもしれません。

 このシャフラルスカ婆さん、並みの老人ともうとえらい目に遭います、よ。

 まず枯れたところがない。実にみずみずしい。

 好奇の眼をもって、隣家を双眼鏡でのぞきこむ。若者たちから精気を吸い取るように。

 孫娘と対等に渡り合って、へこませてしまう。

 過去を振り返らない――画面上に、若かりしころの姿が映し出されたりすることもありますが、それは過去をいつくしむというよりむしろ、

 いま目の前の若者を見て、自分の若かりし頃をオーバーラップさせる、というので、時を超え他自分自身をダブらせるといった感じ。

 圧巻は、ラスト近く、自分のなすべきことをやり遂げた後、ひとり庭のブランコを勢いよくこぎ続ける場面です。

 爽やかさ以上に、「若さ!」あふれる姿は感動的でした。

 映画をみると誰もが同じことをいうと思うのですが、夫人に寄り添うように暮らすワンちゃんが愛らしい。

 電話がなれば先に言って受話器を取り、また主人に注意を促してみたり執事のように振舞う。人間以上に、まるで可愛い孫娘のようでもある。

 
 上映会場で手渡されたアンケートには、今年神戸で封切られた内外の映画270数本の一覧が載ってあって、そのうち私が見たのは8本だけでした。

 そこにベスト5を選ぶ項目もあって、厚かましく書き入れました。

 「木漏れ日のの家で」は堂々!の2位。1位は「キャピタリズム――マネーは踊る」です。実写(ドキュメンタリー)で、ウォールストリートを暴く快挙をやってのけたこと、そして社会現象――社会運動まで引き起こさせとことの評価です。

 「木漏れ日―ー」に次いで3位としたのは、これまたご高齢者が活躍する「クレアモントホテル」。

 日本映画のトップに選んだのは、99歳の新藤 兼人監督の「一枚の手紙」。

 

 
posted by スタッフ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

ひげ

  9月のはじめのこと、毎日やっていた髭剃りを一日二日と伸ばしのばしにしていて、 ヘヤ―サロンに行ったら、「いいねそのひげ、残しておきましょうよ」との声に押されて、おいておくことにしました。

 ちょっと気恥ずかしいような得意なような面持で、町内を流していると、あっちこっちから声がかかる、「どうしたの」から「なんやそれ」というのもあったりして、大体7割がたが「いいね」という。日頃あまり話したことのない奥さんから「そのお髭いいわよ」とわざわざ言いに来られたりすることもありました。1割が酷評「汚ちゃない」「乞食みたい」「泥棒」というものもいた。残り2割は知らん顔。

 髭の生え方は、、口の周りをぐるっと回る、いわゆる泥棒髭で、お世辞にもあまりいい形とは言えるものではありません。

 それを貫録ができただの、余裕があるからだと上手におだてあげる人がいるとついその気になってしまう、己の馬鹿さに気付き、さっぱりと元に戻しました。

 髭を落とした姿に期待もしていたのですが、鏡にうつしたその姿は、面白くも何もない顔が映し出されていました。

 

 
posted by スタッフ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

ホームページを一新しました

 すでにご存じかも知れませんが、ホームページを一新しました。

 急ごしらえでやったものですから、修正すべきところがあったりしますが、すっきり見やすくなったかなと、思いますがいかがでしょうか。

  これまでのHPは、「情報の公表」のためいわば義務的に公示した感がありました。もちろん「情報の公表」は大事なことなのですが、そこに止まらないHPを目指しています。

  見て楽しく、親しみが持てて役に立つ、そのようなHPに育てて行けたら、と考えています。

  ご意見、ありがたくお受けしますのでよろしく、ね。。
 

 
posted by スタッフ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。